スポンサーリンク

2018年10月30日火曜日

女優・北川景子 主演 「フェイクニュース」 後編クライマックス撮影場所は ”つくば”


 2018年10月、二週連続でNHK総合が放映した「フェイクニュース」

 インターネット上で主に投資(株や為替)関連の情報を扱う我々にとっても非常に身近な内容であり、普段あまり見ないが久しぶりに見たドラマである。

 出演者も豪華で、人気女優の北川景子さんが主演、大御所の光石研さんや、新井浩文さん、杉本哲太さんらも熱演していた。

 内容はインターネット社会となった現代にピッタリのフェイクニュースを扱った話題で、フェイクニュースをアップロードする者、それを煽る者、それを扱う企業、暗躍する政治家など、様々な人間模様が映し出されている。


クライマックス撮影場所は研究都市


 フェイクニュース後編のクライマックスで、広場において県知事選の選挙演説バトルが繰り広げられる場面があった。ここは、以前立ち寄ったことがある茨城県の筑波研究学園都市、つくばセンタービル街にある「aiaiモール(アイアイモール)」という場所だ。

 このaiaiモールはつくばエクスプレスなどの交通機関とも近く、つくば駅ビルのMOGや、ショッピングモールのQ't(キュート)などが近く、歩いて行ける距離にある。

 aiaiモールはピザ食べ放題のシェーキーズなど数多くの飲食店が多くあったが、今年の5月に皆閉店に追い込まれてしまったようだ。その後に今回のドラマのロケ地として使われた様子。北川景子さんや他出演者の皆さんが来ていたようだ。 

続き↓↓  

「インサイダー」



 NYKもネットメディアで投資や生活に係る情報を中心に発信しているが、絶対に「フェイクニュース」は扱わない。それこそ、嘘の情報を流せば面白がる人間もあるだろうが、傷つく人間もいるだろう。ネットのツイッターなど気軽に投稿できる文も必ず裏をとる。裏がとれないことは書かないと鉄則としている。投資に関わる情報なら、株価に直結も有り得るため、尚更注意を払う。もちろん、株価の動きの予想や、企業の行く末の予想はあくまで”予想”、”想像”であるため、その場合は必ず予想や想定であることをきちんと書いている。株価の今後などは誰にも分からないので当然である。今後の株価の動きを「分かっている」人間は違法な「インサイダー」以外あり得ない。だから「予想」なのだ。

 これからも我々は、なるべく価値ある情報を提供すべく努力していくのでよろしくお願い申し上げます。











0 件のコメント:

コメントを投稿